手放す価格

マンションを売却する際には査定会社によって物件の査定が行われます。提示された査定額をよく比較した上で最も高い査定額を提示してくれた査定会社を選ぶことによって、マンションを高く売却することが可能です。

この記事の続きを読む

直接買い取ります!急ぎでマンションを売却したい人から売れなくて困っている人もまずは相談ください。不動産のサポートをしています。

価値の変動がある

不動産は築年数などによってその価値が少しずつ変動していきますが、不動産鑑定士に依頼をすることでその不動産の価値をつけてくれます。確かな不動産取引をするためには業者に依頼することも一つの手です。

この記事の続きを読む

マンションの買取

リーマンショックなどの状況下ではマンション買取を行って利益をあげるのは容易なことではありません。マンション購入には様々な税や管理費などがかかるため、それらも事前に把握しておく必要があります。

この記事の続きを読む

オークションの一つ

競売が大阪で発生するのを防ぐプロを探すお手伝いをします。サポート会社の特徴から口コミまで細かく確認できますよ。

大阪での競売とは通常はオークションの訳語として用いられる言葉ですが、これを「けいばい」と読んだ場合は不動産物件の強制的な売却処分を指すのが一般的です。 競売は不動産所有者が何らかの事情で借金を返済できないとき、その担保となっている物件を入札方式によって売却することをいいます。借金の内容はその大半が住宅ローンで、債権者たる保証会社が裁判所に申し立てることで実施されます。 入札には原則として誰でも参加できます。以前は落札代金は現金による一括払い込みしか認められていなかったのですが、現在ではローンの利用が認められています。また最近では入札代行等の事務サポートを行う業者も登場しています。そのため、今後はマイホーム取得の手段として一般の入札者も増えていくものと予測されています。

入札者側から見た場合、競売物件には不動産を安く購入できるというメリットがあります。最低売却価格は不動産鑑定士の評価を参考に裁判所が決定しますが、確実に応札者が現れるよう市場価格より低めに設定されるのが常です。そのためよほどの好条件のものでない限り市価よりも割安に入手することが可能です。 また、所有権の移転や抵当権の抹消などについては裁判所が責任を負うため、権利関係でトラブルになるおそれがないというのもメリットの1つです。 一方、注意すべき点もあります。それは、一般の物件と異なり内覧ができないことです。そのため現況は外観と裁判所の作成した資料のみで判断することになります。また、物件が第三者に転貸されているなどの場合、立ち退きをめぐってトラブルになったりすることもあります。 このため、一般の人が競売に参加するには、専門業者のサポートが欠かせないと言われています。